今からでも遅くない。地震から子供を守る。

耐震改修工事で安心・安全な建物へ

地震対策には様々な方法があり、弊社ではカッター工事で切断した柱と二次壁との間に挿入する耐震改修スリット材を開発し、製造販売しております。

昭和56年6月1日施工の「新耐震設計法」以降の建築物は「短柱によるせん断破壊」を防ぐ目的で、耐震スリットを設ける設計となっています。それ以前に施工された建築物で耐震改修を必要とする場合の選択肢としては、ブレース補強やカッター工事などがあります。

記憶に新しい東日本大震災などの大地震災害を未然に防ぐ為にも、既存建築物に対する安全対策のひとつとして、ぜひご検討ください。

取扱い製品

NNソフトロックウール

NNソフトロックウール 製品図

NNソフトロックウールは、耐震改修工事で既存の建物にカッター工事等で柱際にスリットを設ける場合の挿入型のスリット材です。

製品紹介

取付手順

Pスリット

Pスリット 製品図

耐震有効な工法として、弊社では柱・梁の3辺を切る、吊り下げ工法を提案しております。

製品紹介

お問合わせフォーム

アクシスの耐震スリットはこちら